生産者紹介|循環型農業で安心・安全な米作り【農事組合法人ならやま】

農事組合法人ならやまは「循環型農業」で安全・安心なお米をご提供いたします。 農事組合法人ならやまの田植えの様子です。 新潟県三条市下田地区は粟ヶ岳などの山々が背後にせまり、夏の日中は猛暑でも夜には気温が下がります。稲の生育にはとても適した気候が美味しいお米を育みます。 農事組合法人ならやまが生産する、新潟コシヒカリ米「ならの里」は炊きたてはもちろんおいしく、おにぎりにしても美味しいと評判です。 農事組合法人ならやまの稲刈りの様子です。 農事組合法人ならやまの稲刈りの様子です。
トップページ 農事法人ならやまのこだわりの米作りをご紹介するページへジャンプします。 農事法人ならやまが生産する、新潟コシヒカリ米「ならの里」の美味しさの秘密「循環型農業」をご紹介するページへジャンプします。 農事法人ならやまが生産する、新潟コシヒカリ米「ならの里」は新潟県三条市下田地区の雄大な自然によって育まれます。 農事法人ならやまが生産する、新潟コシヒカリ米「ならの里」の商品をご紹介するページへジャンプします。 農事法人ならやまのご紹介および、特定商取引に基づく表示のページへジャンプします 農事法人ならやまが生産する、新潟コシヒカリ米「ならの里」のご注文のメールフォームのページへジャンプします。また、お問い合わせもお気軽にどうぞ。
トップページ > 生産者紹介
私たち、農事法人ならやまはまごころ込めて安全・安心な新潟コシヒカリを生産しています。

 「農事組合法人ならやま」は平成19年設立、耕作面積は 22ha、構成員は18名の小さな法人です。
 手間のかかる稲作の中間管理は各構成員に委託し、そのほかは休日に全員で共同作業を行っています。平日は定年退職組2名が機械作業や水管理等を行い、日曜祝日は現役の勤め人組が作業に従事するというように、専業雇用者を持たないで運営しています。
 組合メンバーは60歳以上が4名、あとの14名は30〜50歳代であり、若い人も多く、共同作業などでコミュニケーションを図り、次世代への移行もスムースに行えています。田植えは土曜、日曜を中心に行い、子供達も手伝って家族的な作業です。

 農業用水(水田・養鯉池等)は2か所のため池に頼ってきました。山の浅い楢山では昔から水不足で苦労してきましたが、法人を設立してからは水系を作付品種ごとに団地化することで水不足は解消しました。

 「農事組合法人ならやま」は新潟県畜産研究センターとのコラボレーションで、地域内循環型農業の確立を目指しています。
 「ならやま」の田んぼで穫れた農薬使用を最低限に抑えたお米は、隣の集落にある「新潟県畜産研究センター」の牛に飼料用米として与えられます。ならやまのお米を食べた「新潟県畜産研究センター」の牛は糞をします。その健康的な牛糞は、回収されJA堆肥センターで熟成され良質な肥料となり、「ならやま」の田んぼにまかれます。田んぼは自然の肥料を使うことによって地力が増し、美味しいお米が穫れる健康的な田んぼとなります。健康な田んぼでは、病害虫の発生が少なくなり、農薬使用を少なくする事ができます。農薬の使用を極力低く抑えることにより、栄養が豊富で安心なお米が収穫できます。収穫されたお米は、最も栄養価の高い胚芽を含んだ玄米をそのまま食べることができます。こうして「地域内循環型農業」が、本来あるべき自然の循環を取り戻し、収穫されたお米を食べる私達にはもちろん、自然にもとても優しいものとなります。
 「農事組合法人ならやま」は、ならやま集落の集落活動にも積極的に関わり、夏には盆踊りに参加し、秋には収穫祭「秋餅」を主催しています。「秋餅」は前日から準備に入り、当日は男性が子供達と大きな臼で餅をつきます。女性陣はつきたての餅をあんこ、きなこ、雑煮で集落の人にふるまって喜ばれています。

 自治会と一緒に楢山川の草刈りや用水路の江ざらい、灌木伐採、農道整備などさまざまな環境保全事業を行っていますが、これからも楢山の自然と集落の仲間、農地を守りながら、「農事組合法人ならやま」は活動していきたいと考えています。


農事組合法人ならやまについて

会社名 農事組合法人 ならやま
所在地 〒955-0144 新潟県三条市(旧下田村)楢山529番地
代表 代表理事組合長 若杉利行
事業内容 水稲の生産及び販売
取扱品目 お米:コシヒカリ
法人設立 平成19年3月14日
資本金 601万円
構成員 18名



特定商取引に基づく表示

販売業者 農事組合法人ならやま
運営統括責任者 代表理事 組合長 若杉利行
所在地 新潟県三条市(旧下田村)楢山529番地
電話番号 0256-46-3626
代金以外の
必要料金
お支払手数料、送料
申込の有効期限
不良品について 製品および発送には万全を期しておりますが、誤送品や不良品など当店の理由による場合、商品到着より7日以内にメールまたはお電話にてご連絡の上、着払いにてご返送ください。
商品の引渡し
時期
ご注文後(振込み後)翌日~1週間以内に発送いたします。到着日のご希望がある場合はお知らせください。
販売制限 日本国内のみ配送になります。
お支払方法 ・銀行振替 
・代金引換
お支払期限 【銀行振込】商品の発送は代金のご入金確認後となります。 
【代金引換】商品到着時に宅配業者に代金引換でお支払い
 ください。
返品条件 ・商品の性質上、お客様都合による返品・交換は原則としてお受けできません。
・製品および発送には万全を期しておりますが、誤送品や不良品など当店の理由による場合、商品到着より7日以内にメールまたはお電話にてご連絡の上、着払いにてご返送ください。
返品期限 商品到着より7日以内にメールまたはお電話にてご連絡願います。
返品送料 当店にて負担いたします。送料着払いでお送りください。
免許等の表示
その他  

中山間直払丸山集落・農事組合法人丸山営農組合様の視察  2017年7月22日

佐渡市丸山地区から中山間直払丸山集落・農事組合法人丸山営農組合様が視察に来訪されました。丸山地区は限界集落に近く、ほとんどが棚田で、田んぼのノリ面積と水張面積とが同じ位。ならやまでは若い人が農業に参加しているということを聞いて、視察地として選ばれたそうです。
25名の視察団の内、女性が10名と女性パワーを感じるものでした。
充実した意見交換ができ、実りある時間となりました。

中山間直払丸山集落・農事組合法人丸山営農組合様の視察

丸山集落様の視察

中山間直払丸山集落・農事組合法人丸山営農組合様の視察

若杉組合長の挨拶

中山間直払丸山集落・農事組合法人丸山営農組合様の視察

丸山集落稲葉代表の挨拶

中山間直払丸山集落・農事組合法人丸山営農組合様の視察

若杉組合長からの説明

中山間直払丸山集落・農事組合法人丸山営農組合様の視察

若杉組合長からの説明

中山間直払丸山集落・農事組合法人丸山営農組合様の視察

若杉組合長からの説明

中山間直払丸山集落・農事組合法人丸山営農組合様の視察

女性も多く参加されて

中山間直払丸山集落・農事組合法人丸山営農組合様の視察

女性パワーを感じました


平成28年度総会並びに懇親会  2017年2月19日

平成28年度総会

平成28年度総会

平成28年度総会

会場は楢山集落センター

平成28年度総会

ご来賓は佐藤卓之県議

平成28年度総会

有用なお話を頂きました


下田商工会祭りに参加出店  2016年10月16日

下田商工会祭りに出店

下田商工会祭りに

下田商工会祭りに出店

参加出店いたしました

下田商工会祭りに出店

採算度外視の大判振舞い

下田商工会祭りに出店

大盛況!!!

下田商工会祭りに出店

楽しかった!!


畜産研究センター様の講義  2015年12月13日

新潟県農業総合研究所畜産研究センターの関誠様、藤井崇様、小橋有里様より「稲WCS飼料用米の利活用について」の講義をしていただきました。

新潟県農業総合研究所畜産研究センターの小橋有里様より「稲WCSと稲ワラサイレージを乳牛の飼料にする研究」の講義

小橋有里様の講義

新潟県農業総合研究所畜産研究センターの小橋有里様より「稲WCSと稲ワラサイレージを乳牛の飼料にする研究」の講義

小橋有里様の講義

新潟県農業総合研究所畜産研究センターの藤井崇様より「最近の研究(豚編)」の講義

藤井崇様の講義

新潟県農業総合研究所畜産研究センターの藤井崇様より「最近の研究(豚編)」の講義

藤井崇様の講義

新潟県農業総合研究所畜産研究センターの関誠様より「稲WCS・飼料用米の利活用と技術の普及定着」の講義

関誠様の講義

新潟県農業総合研究所畜産研究センターの関誠様より「稲WCS・飼料用米の利活用と技術の普及定着」の講義

関誠様の講義

新潟県農業総合研究所畜産研究センターの関誠様より「稲WCS・飼料用米の利活用と技術の普及定着」の講義

関誠様の講義

新潟県農業総合研究所畜産研究センターの関誠様より「稲WCS・飼料用米の利活用と技術の普及定着」の講義

関誠様の講義


谷地生産組合様(福島県会津坂下町)の視察  2014年11月30日

谷地生産組合の方々が福島県会津坂下町より視察に来られました。

谷地生産組合様の視察

谷地生産組合の方々が福島県会津坂下町より視察に来られました。

谷地生産組合様の視察

農事組合法人ならやまの設立経緯、概略、生産方法、運営等の現状を説明しました。

谷地生産組合様の視察

パワーポイントを使っての説明。

若杉組合長からの説明

谷地生産組合の方々から、法人化への問題点などの質問がされました。

若杉組合長からの説明

法人化への一番の問題は、構成員の意識改革であることを重ねてご説明しました。構成員は農家から、法人の社員となることの意識を持たねば上手くいかないだろうことをご説明しました。

若杉組合長からの説明

谷地生産組合の佐藤組合長様より、御礼のご挨拶をいただき視察研修は終了です。

佐藤組合長様の御礼ご挨拶


秋餅  2012年12月

秋餅 2012年12月

秋餅01(2012年)

秋餅 2012年12月

秋餅02(2012年)

秋餅 2012年12月

秋餅03(2012年)

秋餅 2012年12月

秋餅04(2012年)

秋餅 2012年12月

秋餅05(2012年)

秋餅 2012年12月

秋餅06(2012年)

秋餅 2012年12月

秋餅07(2012年)

秋餅 2012年12月

秋餅08(2012年)

秋餅 2012年12月

秋餅09(2012年)

秋餅 2012年12月

秋餅10(2013年)

秋餅 2012年12月

秋餅11(2012年)

秋餅 2012年12月

秋餅12(2012年)

秋餅 2012年12月

秋餅13(2012年)

秋餅 2012年12月

秋餅14(2013年)

秋餅 2012年12月

秋餅15(2012年)

秋餅 2012年12月

秋餅16(2012年)

秋餅 2012年12月

秋餅17(2012年)

秋餅 2012年12月

秋餅18(2012年)

平成30年産新米販売開始です。 年間ご購入のご予約も承ります。

私たちが、まごころ込めて生産しています。

私たちが農事法人ならやまのメンバーです。私たちがまごころ込めて、循環型農業で安全・安心な特別栽培米の美味しいお米、新潟コシヒカリ米「ならの里」を作っています。

新着情報

2018.11.13

『本当に美味しいお米だと、こんなにもたくさん食べるんだ?!』(お客様の声)

2018.10.25

『すごーくいい香り!』(お客様の声)

2018.10.24

クワイの収穫前の作業です。

2018.10.24

朝もやと空がいい感じ。気持ちのいい朝です。

2018.10.03

平成30年産新米『ならの里』販売開始です。

2018.10.01

直播コシヒカリと直播こしいぶきの籾摺り作業

2018.09.26

ならの里(コシヒカリ)の等級検査2回目。すべて一等米でした!

2018.09.22

ならの里(コシヒカリ)の等級検査を実施。すべて一等米でした!

2018.09.17

コシヒカリの稲刈りで新乾燥調整施設がフル稼動!

2018.09.17

コシヒカリの稲刈りと臼引き作業を行いました。

2018.09.15

コシヒカリの稲刈りが始まりました。

2018.09.15

今日もクワイの草取りを行いました。

2018.09.13

クワイの草取りを行いました。

2018.09.12

米の検査を行いました。

2018.09.09

今日は草刈り。雨の中の草刈りです。

2018.09.09

飼料米「新潟次郎」の出荷作業です。

2018.09.08

稲刈り始りました。

2018.08.29

新乾燥調整施設が完成しました。

2018.08.25

酒米「五百万石」はもうすぐ稲刈り

2018.08.18

8月11日にWCSの稲刈りをしました。

2018.07.21

稲が順調に生育しています。

2018.07.12

田植え授業・農業出前授業に行ってきました。

2018.06.03

草刈りを行いました。

2018.05.26

今年もくわいを植えました。

2018.05.12

いよいよ田植えがはじまりました。(動画)

2018.04.25

春の作業がはじまりました。
堆肥まき田起こし

2018.04.25

カヌー「こしひかりカップ」にも協賛しています。

2018.04.16

ならやまは、粟ケ岳スカイランニング日本選手権を応援しています。

2017.12.11

「くわい」を収穫しました。

2017.11.29

収穫を祝い「秋もち」を行いました。

2017.10.28

堆肥まきを行いました。

2017.10.15

下田商工会祭りに参加しました。

2017.09.29

お待たせしました。
H29年産新米の販売開始です!

2017.09.29

穀物検査を行いました。

2017.09.14

「コシヒカリ」の稲刈りが始まりました。

2017.09.14

「新潟次郎」の出荷検査の様子

2017.09.02

「新潟次郎」の稲刈りをしました。(動画)

2017.08.18

だんだん稲穂が垂れ下がってきています。

2017.07.24

佐渡市丸山地区から丸山集落様の視察

2017.07.24

稲は順調に生育。田んぼの様子

2017.07.17

水害の復旧作業を行いました。

2017.07.17

「くわい」の草取りを行いました。

2017.05.30

「くわい」を植えてみました。

2017.05.13

コシヒカリの田植え

2017.05.07

田植えが始まりました。

2017.05.06

カヌー「こしひかりカップ」に協賛

2017.04.26

田起こし作業花いろいろ

2017.04.24

田起こし作業が始まりました。

2017.04.23

庭先の桜が満開です。

2017.04.13

春作業が始まりました。(堆肥まき)

2017.02.22

総会・懇親会を開催しました。

2016.12.02

楢山集落の『秋餅』で収穫を祝いました。

2016.10.17

下田商工会祭りに参加出店しました。

2016.10.03

コシヒカリの等級検査を受けました。

2016.10.01

お待たせしました。
H28年産新米の販売開始です!

2016.09.27

稲の手刈り様子の写真をアップしました。

新規導入の精米プラントと低温保冷庫

2016.09.23

コシヒカリの等級検査を受けました。

2016.09.17

コシヒカリの稲刈り。もうすぐ新米が!

稲わらサイロの写真をアップしました

2016.09.13

コシヒカリの稲刈りが始まりました。

2016.08.29

稲刈りが始まりました。

2016.08.13

早い者はもうすぐ稲刈り。イナゴも・・・

2016.07.25

田んぼの様子の写真をアップしました。

2016.06.17

ほたるの大乱舞の写真をアップしました。

2016.06.03

田植え終盤の写真を追加しました。

2016.05.04

代掻き田植えが始まりました。

2015.12.13

畜産研究センター様の講義を受講しました。

2015.11.24

一年の収穫を祝って「秋餅」を開催

2015.10.01

平成27年産「新米」販売開始です。

2015.09.22

稲刈りが始まりました。

2015.09.20

平成27年産米は10月1日販売開始予定です。

2015.08.24

田んぼの様子の写真をアップしました。

2015.07.28

除草の様子の写真をアップしました。

2015.07.06

溝切りの様子の写真をアップしました。

2015.06.16

除草の様子の写真をアップしました。

2015.05.19

田植えの様子の写真をアップしました。

2015.05.04

田植えの様子の写真をアップしました。

2015.05.04

代掻きの様子の写真をアップしました。

2015.03.16

JA機関誌なんかんライフに掲載されました。

2015.03.15

3kg入り米袋ができました。

新潟産こしひかり「ならの里」は循環型農業で生産された安全・安心な特別栽培米の美味しいお米です。玄米3キログラムの注文のページへジャンプします。
新潟産こしひかり「ならの里」は循環型農業で生産された安全・安心な特別栽培米の美味しいお米です。玄米5キログラムの注文のページへジャンプします。
新潟産こしひかり「ならの里」は循環型農業で生産された安全・安心な特別栽培米の美味しいお米です。玄米10キログラムの注文のページへジャンプします。
新潟産こしひかり「ならの里」は循環型農業で生産された安全・安心な特別栽培米の美味しいお米です。玄米30キログラムの注文のページへジャンプします。
新潟産こしひかり「ならの里」は循環型農業で生産された安全・安心な特別栽培米の美味しいお米です。精米3キログラムの注文のページへジャンプします。
新潟産こしひかり「ならの里」は循環型農業で生産された安全・安心な特別栽培米の美味しいお米です。精米5キログラムの注文のページへジャンプします。
新潟産こしひかり「ならの里」は循環型農業で生産された安全・安心な特別栽培米の美味しいお米です。精米10キログラムの注文のページへジャンプします。
新潟産こしひかり「ならの里」は循環型農業で生産された安全・安心な特別栽培米の美味しいお米です。精米30キログラムの注文のページへジャンプします。

下田・ならやま産の特別栽培米「ならの里」は新潟県の認証を受けています。

新潟県下田・ならやま産の特別栽培米「ならの里」は新潟県の認証を受けています。新潟県認証マークが目印です
新潟県下田・ならやま産の特別栽培米「ならの里」は新潟県の認証を受けています。特別栽培米新潟県認証番号がその証です。
お米離れに歯止めをかける!お米マンプロジェクト実行委員会