こだわりの米作り|循環型農業で安全・安心な特別栽培米こしひかり【ならの里】

農事組合法人ならやまは「循環型農業」で安全・安心なお米をご提供いたします。 農事組合法人ならやまの田植えの様子です。 新潟県三条市下田地区は粟ヶ岳などの山々が背後にせまり、夏の日中は猛暑でも夜には気温が下がります。稲の生育にはとても適した気候が美味しいお米を育みます。 農事組合法人ならやまが生産する、新潟コシヒカリ米「ならの里」は炊きたてはもちろんおいしく、おにぎりにしても美味しいと評判です。 農事組合法人ならやまの稲刈りの様子です。 農事組合法人ならやまの稲刈りの様子です。
トップページ 農事法人ならやまのこだわりの米作りをご紹介するページへジャンプします。 農事法人ならやまが生産する、新潟コシヒカリ米「ならの里」の美味しさの秘密「循環型農業」をご紹介するページへジャンプします。 農事法人ならやまが生産する、新潟コシヒカリ米「ならの里」は新潟県三条市下田地区の雄大な自然によって育まれます。 農事法人ならやまが生産する、新潟コシヒカリ米「ならの里」の商品をご紹介するページへジャンプします。 農事法人ならやまのご紹介および、特定商取引に基づく表示のページへジャンプします 農事法人ならやまが生産する、新潟コシヒカリ米「ならの里」のご注文のメールフォームのページへジャンプします。また、お問い合わせもお気軽にどうぞ。
トップページ > こだわりの米作り

農事法人ならやまのこだわりの米作り

10〜3月頃 田起こし・追肥・土壌作り

 私達が暮らし米作りをしている新潟県三条市下田地区は、新潟県魚沼地区や福島県とは山を挟んだお隣という位置にあります。暮らすにはとても大変な豪雪地帯ですが、雪解けの水には栄養がたっぷり含まれ美味しいお米ができる隠れた米産地です。
 私達の米作りは、米の収穫が終わったその時から始まります。雪解け水がたっぷりと栄養を運んでくれますがそれだけでは十分とは言えません。私達の進める「地域内循環型農業」で出来た良質な堆肥を、収穫後の田んぼに撒き「土壌作り」を行います。
 秋に田んぼの水を抜いて乾かし、春に深く耕して地力を向上させます。肥料をまいてから田起こしをして土に肥料をまんべんなく混ぜ込みます。この時に有機物が鋤込まれ、微生物やミミズなどが分解して養分を作り出します。土を起こして乾かすと、土に空気がたくさん含まれ稲を植えたときに根の成長が促進されます。

4月頃 育苗

 育苗はJAにお願いしています。JAでは厳選管理が行き届いていて、元気で良質な苗を提供してくれます。

4月頃 畦塗り・代掻き・田起こし

 田んぼの畦が低くなっていたりするので、荒れた畦に土をすくい上げながら塗って田んぼ周りを整えます。その後、田に水を入れてかき回し、土塊を粉々に砕いてこねるようにかき回す代掻きを行います。田んぼの水もちを良くしこれから始まる田植えをしやすくする為に行います。
 田植えに向け雪解け水が染み渡った田んぼをトラクターで耕し、田起こしをします。田起こしで雑草の種子が深く埋まることになり雑草の発生を減らすことが出来ます。年を追うごとに土が柔らかく深い田になり養分や水持ちが良い稲作に適した田んぼになります。

5月頃 田植え

 一年で一番忙しい田植え作業を「ならやま」では組合員の共同作業で行います。作業もはかどりますし、農機具を共同所有することでコストの削減にもなります。
 近年は種籾をそのまま田んぼに蒔く「直播き栽培」「ラジコンヘリを使った直播き栽培」も試験的に導入しています。

6〜9月頃 除草・追肥・育稲

 稲の成長に合わせ水の量を調節します。水管理をしやすくし、有機物の分解で出てくるガスを抜き根が元気になるように溝切りをします。
 この時期は雑草も元気に育ちますので、土中の栄養が雑草に取られない様に除草は欠かせません。田んぼのなかだけではなく、畦の草刈りも大切な作業です。夏の暑い時期にはとても大変な作業ですが、稲が元気に育ってくれるように願いながら行います。
 新潟県下田地区は夏の日中はとても気温が上がりますが、夜には気温が下がり、稲作にはとても適した気候です。

10月頃 稲刈り・秋餅

 穂が出そろってからおよそ40~45日たつと成熟期になり、黄金色の田んぼが広がります。穂の熟し具合と天候をみながら稲刈りを行います。コンバインを使って刈取り、脱穀、乾燥、籾摺りを行います。
 「ならやま」の田んぼで穫れた農薬使用を最低限に抑えたお米は、隣の集落にある「新潟県畜産研究センター」の牛に飼料用米として与えられます。ならやまのお米を食べた「新潟県畜産研究センター」の牛は糞をします。その健康的な牛糞は、回収されJA堆肥センターで熟成され良質な肥料となり、「ならやま」の田んぼにまかれます。こうして「地域内循環型農業」が、本来あるべき自然の循環を取り戻し、収穫されたお米を食べる私達にはもちろん、自然にもとても優しいものとなります。
 収穫を祝うお祭り「秋餅」は前日から準備に入り、当日は男性が子供達と大きな臼で餅をつきます。女性陣はつきたての餅をあんこ、きなこ、雑煮で集落の人にふるまって喜ばれています。
  収穫後には田んぼに籾殻や堆肥、米ぬかなどをまいて土作りを行ったり、田んぼの水漏れや畦の壊れた場所を直したり、農機具の修理を行ったりと、来年のお米作りに備えます。

美味しいお米を作るためにとても大切な土壌をつくるための堆肥撒き作業

堆肥撒き作業

田に水を入れてかき回し、土塊を粉々に砕いてこねるようにかき回す代掻き

代掻き

JAで育苗された元気で良質な苗

元気に育った苗

今日で行う田植え作業

田植え作業

楢山集落の重要な水源の一つ「中尾の堤」

中尾の堤

共同で行う畦の除草

除草作業

水管理をしやすくし、有機物の分解で出てくるガスを抜き根が元気になるように溝切りをします

溝きり

黄金色の田んぼの画像を準備中です

黄金色の田んぼ

稲刈り

稲刈り

収穫後に行う「秋餅」は集落のみんなが楽しみにしています。

秋餅

米作りのアルバム

過去のアルバムのページへ→  

くわいの収穫作業

くわいの収穫作業01

くわいの収穫作業

くわいの収穫作業02

くわいの収穫作業

くわいの収穫作業03

くわいの収穫作業

くわいの収穫作業04

くわいの収穫作業

収穫したくわい

昨年に続いて、「くわい」の栽培を行いました。
収穫作業はポンプで水を勢いよく出して掘り出します。冬の田んぼの水は冷たくて大変な作業です。
おせち料理には欠かせない「くわい」は勢いよく芽が出ることから縁起物として正月料理に用いられます。
煮物として食べるのが一般的ですが、クワイチップスも美味しいものです。

くわい収穫前の作業

くわい収穫前の作業

くわい収穫前の作業

くわい収穫前の作業

くわいの収穫前の一仕事。
茎を切って株を土に押し込む作業の写真です。

朝もや

朝もや

粟ケ岳

粟ケ岳

朝もやと空がいい感じだったので取ってみました。
粟ケ岳もくっきりと見えます。

直播コシヒカリと直播こしいぶきの籾摺り
直播コシヒカリと直播こしいぶきの籾摺り
直播コシヒカリと直播こしいぶきの籾摺り

無事本日(9月30日)、直播コシヒカリと直播こしいぶきの籾摺りを終えて、機械作業が終了しました。あとは、3日の穀物検査を経て、出荷となります。みんな、へとへとですが頑張ってくれました。これから順次、個別発送を開始いたします。

ならの里(コシヒカリ)の等級検査
ならの里(コシヒカリ)の等級検査
ならの里(コシヒカリ)の等級検査
ならの里(コシヒカリ)の等級検査
ならの里(コシヒカリ)の等級検査
ならの里(コシヒカリ)の等級検査

本日(9月24日)特別栽培米コシヒカリ『ならの里』の2回目の検査でした。
水不足で白田米の心配をしていましたが、無事すべて一等でした。
検査員いわく「ならやまさんは、魔法の機械(色彩選別機)があるから心配ないでしょう」
山間の集落故、カメムシ対策に入れた機械でしたが、こんな時も活躍してくれました。

ならの里(コシヒカリ)の等級検査

穀物検査です。

ならの里(コシヒカリ)の等級検査

ならの里(コシヒカリ)の

ならの里(コシヒカリ)の等級検査

等級検査を行いました。

ならの里(コシヒカリ)の等級検査

夏の水不足で、

ならの里(コシヒカリ)の等級検査

かなり収穫量が落ちましたが

ならの里(コシヒカリ)の等級検査

品質が保たれて、
すべて一等米でした!

コシヒカリ

コシヒカリが

コシヒカリ

頭を垂れています。

コシヒカリの稲刈り

コシヒカリの稲刈り

コシヒカリの稲刈り

雨の合間をぬって

コシヒカリの稲刈り

稲刈りを急ぎます。

コシヒカリの稲刈り

収穫した米は

コシヒカリの稲刈り

乾燥施設に運んで

コシヒカリの稲刈り

乾燥・選別・臼引きを

コシヒカリの稲刈り

行います。完成

コシヒカリの稲刈り

したばかりの

コシヒカリの稲刈り

新乾燥調整施設が、

コシヒカリの稲刈り

フル稼動!しています。

コシヒカリの稲刈り

コシヒカリの稲刈り

コシヒカリの稲刈り

収穫した米は

コシヒカリの稲刈り

乾燥施設に運びます。

臼引き作業

「臼引き」作業です。

臼引き作業

臼引きした玄米を袋詰めします。

収穫した米は乾燥後「臼引き」をします。
「臼引き」は乾燥した籾(籾殻がついたままの米)から籾殻を取り除いて玄米にする作業です。
「籾摺り」とも呼ばれます。

コシヒカリの稲刈り

コシヒカリの稲刈りが
始まりました。

コシヒカリの稲刈り

雨模様の天気の中、
晴れ間を見ながらの

コシヒカリの稲刈り

稲刈りとなりました。

クワイの草取り

クワイの草取りです。

今日も仕事上がりにクワイの草取り作業をしました。
中折れ帽がトレードマークのKは、いつも軽やかに楽しく農作業をこなす当法人期待の若手。
そのKが「ぜってくわえ農家にはならない。」(絶対、クワイ農家にはならない)とこぼしていました。

クワイの草取り

クワイの草取りです。

クワイの草取り

時期が少し遅すぎたかも。

クワイの草取り

仕事上がりの作業で、 日も落ちてしまいました。
私がどこにいるかわかりますか?

米の検査

米の検査です。

米の検査

飼料米「新潟次郎」と

米の検査

加工用米「こしいぶき」

米の検査

を検査しました。

米の検査

少雨・猛暑で

米の検査

米の品質は、

米の検査

なかなか厳しい・・

米の検査

ですが、なんとか

米の検査

合格しました。

クワガタ

クワガタです。(ノコギリクワガタです、いちおう…。)

クワガタ

9月も中旬だというのに・・・

雨の中の草刈り

今日は草刈り。

雨の中の草刈り

雨降りのため稲刈りは

雨の中の草刈り

中止。でも作業はあり。

雨の中の草刈り

雨の中の草刈りです。

飼料米「新潟次郎」の出荷作業

飼料米「新潟次郎」の

飼料米「新潟次郎」の出荷作業

出荷作業です。

飼料米「新潟次郎」の出荷作業

完成したばかりの新乾燥調製施設での作業です。

稲刈り始りました。

稲刈り始りました。

稲刈り始りました。

酒米「五百万石」と

稲刈り始りました。

飼料米「新潟次郎」の稲刈りです。

酒米「五百万石」

ならやまの米は

酒米「五百万石」

酷暑にも負けなかった。

酒米「五百万石」

酒米「五百万石」は

酒米「五百万石」

もうすぐ稲刈りです。

楢山川の清流

楢山川が涼しげ

コシヒカリ

コシヒカリはまだ青く

コシヒカリ

稲刈りはもうちょっと

コシヒカリ

先になります。

コシヒカリ

このまま順調に(祈)

イナゴ

イナゴもきてます(涙)

クワイ

クワイもびっしりと

クワイ

更に大きくなっています

WCSの稲刈り

WCSの稲刈り

WCSの稲刈り

WCSの稲刈り

WCSとは?
稲発酵粗飼料(ホールクロップサイレージ Whole Crop Silage=WCS)のことで、稲の実と茎葉を同時に収穫して、発酵させた牛のえさとなる飼料です。主食用米より1カ月ほど早く刈り取ります。
「ならやま」が新潟県畜産研究センターとのコラボで進める「地域内循環型農業」のサイクルの重要な部分です。

稲が順調に生育しています

稲が順調に

稲が順調に生育しています

生育しています。

稲が順調に生育しています

熱暑が少し心配ですが

稲が順調に生育しています

このまま実りの秋へ。

くわい

5月に植えたクワイも

くわい

大きく育っています。

くわいにとんぼ

クワイの葉にとんぼ

せみ

セミも鳴いています。

とんぼ

青いとんぼ

とんぼ

これも、とんぼ

バッタ

バッタに、

あまがえる

あまがえる

草刈り作業

草刈り作業です。

草刈り作業

兼業農家では、

草刈り作業

仕事に行く前や後、

草刈り作業

朝晩に作業を行います。

草刈り

草刈りを行いました。

草刈り

畦の草刈りは大切な作業

くわい植え

今年もくわいを植えました。田植え枠で枠付けをして …

くわい植え

くわいの苗を植えました。

5月にはいり、いよいよ田植えがはじまりました。組合員がおいしいコシヒカリ『ならの里』のPR!です。(動画)

春の作業・田起こし

堆肥まきの後は

春の作業・田起こし

田起こしをします。

春の作業・田起こし

雑草を減らし、

春の作業・田起こし

良い田んぼになります

春の作業開始・堆肥まき

春の作業開始

春の作業開始・堆肥まき

堆肥まきです。

春の作業開始・堆肥まき

ドローンで

春の作業開始・堆肥まき

撮影してみました。

ならやまの自然

楢山集落に咲くさくら

さくら01

楢山集落に咲く桜

さくら02

楢山集落に咲く桜

さくら03

桜と鯉のぼり

桜と鯉のぼり

楢山集落に咲く椿

椿

楢山集落に咲く花々

花いろいろ01

楢山集落に咲く花々

花いろいろ02

楢山集落に咲く花々

花いろいろ03

楢山集落に咲く水仙

水仙01

楢山集落に咲く花々

花いろいろ04

楢山集落に咲く花々

花いろいろ05

楢山集落に咲く花々

花いろいろ06

とんぼ01

とんぼ01

とんぼ02

とんぼ02

とんぼ03

とんぼ03

おたまじゃくし

おたまじゃくし

楢山集落の重要な水源の一つ「中尾の堤」

中尾の堤

楢山集落を流れる楢山川

楢山川

あぜ道の野草

あぜ道の野草

田植え後の田んぼに夕焼け

田植後の田んぼに夕焼け

子供が手づかみで捕まえた蛍 2015.06.14

子供が手づかみで
捕まえた『ほたる』

子供が手づかみで捕まえたくわがた 2015.06.14

子供が手づかみで
捕まえた『くわがた』

楢山川の紫陽花

楢山川のあじさい

ほたる大乱舞

ほたるの大乱舞

アマガエルもいっぱいいます。

アマガエルも

アマガエルもいっぱいいます。

いっぱいいます。

蕎麦の花

蕎麦の花

野の花

野の花

柿も熟して実りの秋真っ盛りです。

熟し柿

秋桜の花が空に向かって咲いています。

秋桜

秋桜

秋桜

黄金色の田んぼ

黄金色の田んぼ

平成30年産新米販売開始です。 年間ご購入のご予約も承ります。

私たちが、まごころ込めて生産しています。

私たちが農事法人ならやまのメンバーです。私たちがまごころ込めて、循環型農業で安全・安心な特別栽培米の美味しいお米、新潟コシヒカリ米「ならの里」を作っています。

新着情報

2018.12.06

クワイの収穫を行いました。

2018.11.13

『本当に美味しいお米だと、こんなにもたくさん食べるんだ?!』(お客様の声)

2018.10.25

『すごーくいい香り!』(お客様の声)

2018.10.24

クワイの収穫前の作業です。

2018.10.24

朝もやと空がいい感じ。気持ちのいい朝です。

2018.10.03

平成30年産新米『ならの里』販売開始です。

2018.10.01

直播コシヒカリと直播こしいぶきの籾摺り作業

2018.09.26

ならの里(コシヒカリ)の等級検査2回目。すべて一等米でした!

2018.09.22

ならの里(コシヒカリ)の等級検査を実施。すべて一等米でした!

2018.09.17

コシヒカリの稲刈りで新乾燥調整施設がフル稼動!

2018.09.17

コシヒカリの稲刈りと臼引き作業を行いました。

2018.09.15

コシヒカリの稲刈りが始まりました。

2018.09.15

今日もクワイの草取りを行いました。

2018.09.13

クワイの草取りを行いました。

2018.09.12

米の検査を行いました。

2018.09.09

今日は草刈り。雨の中の草刈りです。

2018.09.09

飼料米「新潟次郎」の出荷作業です。

2018.09.08

稲刈り始りました。

2018.08.29

新乾燥調整施設が完成しました。

2018.08.25

酒米「五百万石」はもうすぐ稲刈り

2018.08.18

8月11日にWCSの稲刈りをしました。

2018.07.21

稲が順調に生育しています。

2018.07.12

田植え授業・農業出前授業に行ってきました。

2018.06.03

草刈りを行いました。

2018.05.26

今年もくわいを植えました。

2018.05.12

いよいよ田植えがはじまりました。(動画)

2018.04.25

春の作業がはじまりました。
堆肥まき田起こし

2018.04.25

カヌー「こしひかりカップ」にも協賛しています。

2018.04.16

ならやまは、粟ケ岳スカイランニング日本選手権を応援しています。

2017.12.11

「くわい」を収穫しました。

2017.11.29

収穫を祝い「秋もち」を行いました。

2017.10.28

堆肥まきを行いました。

2017.10.15

下田商工会祭りに参加しました。

2017.09.29

お待たせしました。
H29年産新米の販売開始です!

2017.09.29

穀物検査を行いました。

2017.09.14

「コシヒカリ」の稲刈りが始まりました。

2017.09.14

「新潟次郎」の出荷検査の様子

2017.09.02

「新潟次郎」の稲刈りをしました。(動画)

2017.08.18

だんだん稲穂が垂れ下がってきています。

2017.07.24

佐渡市丸山地区から丸山集落様の視察

2017.07.24

稲は順調に生育。田んぼの様子

2017.07.17

水害の復旧作業を行いました。

2017.07.17

「くわい」の草取りを行いました。

2017.05.30

「くわい」を植えてみました。

2017.05.13

コシヒカリの田植え

2017.05.07

田植えが始まりました。

2017.05.06

カヌー「こしひかりカップ」に協賛

2017.04.26

田起こし作業花いろいろ

2017.04.24

田起こし作業が始まりました。

2017.04.23

庭先の桜が満開です。

2017.04.13

春作業が始まりました。(堆肥まき)

2017.02.22

総会・懇親会を開催しました。

2016.12.02

楢山集落の『秋餅』で収穫を祝いました。

2016.10.17

下田商工会祭りに参加出店しました。

2016.10.03

コシヒカリの等級検査を受けました。

2016.10.01

お待たせしました。
H28年産新米の販売開始です!

2016.09.27

稲の手刈り様子の写真をアップしました。

新規導入の精米プラントと低温保冷庫

2016.09.23

コシヒカリの等級検査を受けました。

2016.09.17

コシヒカリの稲刈り。もうすぐ新米が!

稲わらサイロの写真をアップしました

2016.09.13

コシヒカリの稲刈りが始まりました。

2016.08.29

稲刈りが始まりました。

2016.08.13

早い者はもうすぐ稲刈り。イナゴも・・・

2016.07.25

田んぼの様子の写真をアップしました。

2016.06.17

ほたるの大乱舞の写真をアップしました。

2016.06.03

田植え終盤の写真を追加しました。

2016.05.04

代掻き田植えが始まりました。

2015.12.13

畜産研究センター様の講義を受講しました。

2015.11.24

一年の収穫を祝って「秋餅」を開催

2015.10.01

平成27年産「新米」販売開始です。

2015.09.22

稲刈りが始まりました。

2015.09.20

平成27年産米は10月1日販売開始予定です。

2015.08.24

田んぼの様子の写真をアップしました。

2015.07.28

除草の様子の写真をアップしました。

2015.07.06

溝切りの様子の写真をアップしました。

2015.06.16

除草の様子の写真をアップしました。

2015.05.19

田植えの様子の写真をアップしました。

2015.05.04

田植えの様子の写真をアップしました。

2015.05.04

代掻きの様子の写真をアップしました。

2015.03.16

JA機関誌なんかんライフに掲載されました。

2015.03.15

3kg入り米袋ができました。

新潟産こしひかり「ならの里」は循環型農業で生産された安全・安心な特別栽培米の美味しいお米です。玄米3キログラムの注文のページへジャンプします。
新潟産こしひかり「ならの里」は循環型農業で生産された安全・安心な特別栽培米の美味しいお米です。玄米5キログラムの注文のページへジャンプします。
新潟産こしひかり「ならの里」は循環型農業で生産された安全・安心な特別栽培米の美味しいお米です。玄米10キログラムの注文のページへジャンプします。
新潟産こしひかり「ならの里」は循環型農業で生産された安全・安心な特別栽培米の美味しいお米です。玄米30キログラムの注文のページへジャンプします。
新潟産こしひかり「ならの里」は循環型農業で生産された安全・安心な特別栽培米の美味しいお米です。精米3キログラムの注文のページへジャンプします。
新潟産こしひかり「ならの里」は循環型農業で生産された安全・安心な特別栽培米の美味しいお米です。精米5キログラムの注文のページへジャンプします。
新潟産こしひかり「ならの里」は循環型農業で生産された安全・安心な特別栽培米の美味しいお米です。精米10キログラムの注文のページへジャンプします。
新潟産こしひかり「ならの里」は循環型農業で生産された安全・安心な特別栽培米の美味しいお米です。精米30キログラムの注文のページへジャンプします。

下田・ならやま産の特別栽培米「ならの里」は新潟県の認証を受けています。

新潟県下田・ならやま産の特別栽培米「ならの里」は新潟県の認証を受けています。新潟県認証マークが目印です
新潟県下田・ならやま産の特別栽培米「ならの里」は新潟県の認証を受けています。特別栽培米新潟県認証番号がその証です。
お米離れに歯止めをかける!お米マンプロジェクト実行委員会