こだわりの米作り|循環型農業で安全・安心な特別栽培米こしひかり【ならの里】

農事組合法人ならやまは「循環型農業」で安全・安心なお米をご提供いたします。
トップページ 農事法人ならやまのこだわりの米作りをご紹介するページへジャンプします。 農事法人ならやまが生産する、新潟コシヒカリ米「ならの里」の美味しさの秘密「循環型農業」をご紹介するページへジャンプします。 農事法人ならやまが生産する、新潟コシヒカリ米「ならの里」は新潟県三条市下田地区の雄大な自然によって育まれます。 農事法人ならやまが生産する、新潟コシヒカリ米「ならの里」の商品をご紹介するページへジャンプします。 農事法人ならやまのご紹介および、特定商取引に基づく表示のページへジャンプします 農事法人ならやまが生産する、新潟コシヒカリ米「ならの里」のご注文のメールフォームのページへジャンプします。また、お問い合わせもお気軽にどうぞ。
トップページ > こだわりの米作り

農事法人ならやまのこだわりの米作り

10〜3月頃 田起こし・追肥・土壌作り

 私達が暮らし米作りをしている新潟県三条市下田地区は、新潟県魚沼地区や福島県とは山を挟んだお隣という位置にあります。暮らすにはとても大変な豪雪地帯ですが、雪解けの水には栄養がたっぷり含まれ美味しいお米ができる隠れた米産地です。
 私達の米作りは、米の収穫が終わったその時から始まります。雪解け水がたっぷりと栄養を運んでくれますがそれだけでは十分とは言えません。私達の進める「地域内循環型農業」で出来た良質な堆肥を、収穫後の田んぼに撒き「土壌作り」を行います。
 秋に田んぼの水を抜いて乾かし、春に深く耕して地力を向上させます。肥料をまいてから田起こしをして土に肥料をまんべんなく混ぜ込みます。この時に有機物が鋤込まれ、微生物やミミズなどが分解して養分を作り出します。土を起こして乾かすと、土に空気がたくさん含まれ稲を植えたときに根の成長が促進されます。

4月頃 育苗

 育苗はJAにお願いしています。JAでは厳選管理が行き届いていて、元気で良質な苗を提供してくれます。

4月頃 畦塗り・代掻き・田起こし

 田んぼの畦が低くなっていたりするので、荒れた畦に土をすくい上げながら塗って田んぼ周りを整えます。その後、田に水を入れてかき回し、土塊を粉々に砕いてこねるようにかき回す代掻きを行います。田んぼの水もちを良くしこれから始まる田植えをしやすくする為に行います。
 田植えに向け雪解け水が染み渡った田んぼをトラクターで耕し、田起こしをします。田起こしで雑草の種子が深く埋まることになり雑草の発生を減らすことが出来ます。年を追うごとに土が柔らかく深い田になり養分や水持ちが良い稲作に適した田んぼになります。

5月頃 田植え

 一年で一番忙しい田植え作業を「ならやま」では組合員の共同作業で行います。作業もはかどりますし、農機具を共同所有することでコストの削減にもなります。
 近年は種籾をそのまま田んぼに蒔く「直播き栽培」「ラジコンヘリを使った直播き栽培」も試験的に導入しています。

6〜9月頃 除草・追肥・育稲

 稲の成長に合わせ水の量を調節します。水管理をしやすくし、有機物の分解で出てくるガスを抜き根が元気になるように溝切りをします。
 この時期は雑草も元気に育ちますので、土中の栄養が雑草に取られない様に除草は欠かせません。田んぼのなかだけではなく、畦の草刈りも大切な作業です。夏の暑い時期にはとても大変な作業ですが、稲が元気に育ってくれるように願いながら行います。
 新潟県下田地区は夏の日中はとても気温が上がりますが、夜には気温が下がり、稲作にはとても適した気候です。

10月頃 稲刈り・秋餅

 穂が出そろってからおよそ40~45日たつと成熟期になり、黄金色の田んぼが広がります。穂の熟し具合と天候をみながら稲刈りを行います。コンバインを使って刈取り、脱穀、乾燥、籾摺りを行います。
 「ならやま」の田んぼで穫れた農薬使用を最低限に抑えたお米は、隣の集落にある「新潟県畜産研究センター」の牛に飼料用米として与えられます。ならやまのお米を食べた「新潟県畜産研究センター」の牛は糞をします。その健康的な牛糞は、回収されJA堆肥センターで熟成され良質な肥料となり、「ならやま」の田んぼにまかれます。こうして「地域内循環型農業」が、本来あるべき自然の循環を取り戻し、収穫されたお米を食べる私達にはもちろん、自然にもとても優しいものとなります。
 収穫を祝うお祭り「秋餅」は前日から準備に入り、当日は男性が子供達と大きな臼で餅をつきます。女性陣はつきたての餅をあんこ、きなこ、雑煮で集落の人にふるまって喜ばれています。
  収穫後には田んぼに籾殻や堆肥、米ぬかなどをまいて土作りを行ったり、田んぼの水漏れや畦の壊れた場所を直したり、農機具の修理を行ったりと、来年のお米作りに備えます。

美味しいお米を作るためにとても大切な土壌をつくるための堆肥撒き作業

堆肥撒き作業

田に水を入れてかき回し、土塊を粉々に砕いてこねるようにかき回す代掻き

代掻き

JAで育苗された元気で良質な苗

元気に育った苗

今日で行う田植え作業

田植え作業

楢山集落の重要な水源の一つ「中尾の堤」

中尾の堤

共同で行う畦の除草

除草作業

水管理をしやすくし、有機物の分解で出てくるガスを抜き根が元気になるように溝切りをします

溝きり

黄金色の田んぼの画像を準備中です

黄金色の田んぼ

稲刈り

稲刈り

収穫後に行う「秋餅」は集落のみんなが楽しみにしています。

秋餅

米作りのアルバム

過去のアルバムのページへ→  

[ホタル]  2020.06.27
今年も蛍が飛んでいます。

蛍

楢山集落を飛ぶホタル

[生育状況]  2020.06.07
直播き[コシヒカリ]は苗丈が30cm程に伸びました。

ちほみのり

ちほみのり

ちほみのり

ちほみのり

ちほみのり

ちほみのり

ちほみのり

ちほみのり

コシヒカリ

コシヒカリ

コシヒカリ

コシヒカリ

コシヒカリ

コシヒカリ

コシヒカリ

コシヒカリ

直播きコシヒカリ

直播きコシヒカリ

直播きコシヒカリ

直播きコシヒカリ

直播きコシヒカリ

直播きコシヒカリ

直播きコシヒカリ

直播きコシヒカリ

シオカラトンボ

シオカラトンボ

青空と杉の木

青空と杉の木

カワセミ

カワセミ(?)

[田んぼの水鏡]  2020.06.07
田植えが終わった水田に山々が大きく映しだされます。
稲がまだ大きく育つ前のひと時、瑞瑞しい気持ちにさせてくれる美しい景色です。

ちほみのり

[生育状況]  2020.06.07
極早生品種[ちほみのり]
4月下旬に田植えをした極早生品種「ちほみのり」の田んぼは水を落として、中干が始まりました。
分結の抑止と稲の根を水根から、下に刺さる畑根にする作業です。
有機物の分解で出てくるガスを抜き根が元気になるように溝切りをしました。
[コシヒカリ]
5月中旬から下旬に田植えをした「コシヒカリ」は順調に活着しています。
直播き[コシヒカリ]
GWに「直播き田植え」を行った「コシヒカリ」は無事に目が出ました。 これから雑草との闘いです。

ちほみのり

ちほみのり

ちほみのり「溝切り」

ちほみのり溝切り

ちほみのり

ちほみのり

コシヒカリ

コシヒカリ

コシヒカリ

コシヒカリ

コシヒカリ

コシヒカリ

コシヒカリ

コシヒカリ

コシヒカリ

コシヒカリ

直播き「コシヒカリ」

直播きコシヒカリ

直播き「コシヒカリ」

直播きコシヒカリ

[コシヒカリの田植え]  2020.05.16
いよいよコシヒカリの田植えが始まりました。
昨年、出穂期に酷暑となり影響が大きかったので今年は、コシヒカリの田植え時期を少し遅らせました。
[直播き稲のその後]
直播きしたコシヒカリの種籾がおよそ2週間ほどで発芽しています。
このまま順調に生育してくれくれますように(祈)。

コシヒカリの田植え
コシヒカリの田植え
コシヒカリの田植え
コシヒカリの田植え
コシヒカリの田植え
コシヒカリの田植え
コシヒカリの田植え
コシヒカリの田植え
コシヒカリの田植え
コシヒカリの田植え
コシヒカリの田植え
コシヒカリの田植え
直播きコシヒカリ

直播きコシヒカリ

直播きコシヒカリ

直播きコシヒカリ

直播きコシヒカリ

直播きコシヒカリ

直播きコシヒカリ

直播きコシヒカリ

[田植え] 2020.05.10
雨の中の田植えになりました。
もち米「こがねもち」、酒米「五百万石」、早稲米「こしいぶき」を田植え機2台フル稼働で植えていきます。
「ホーホケキョ」と春告鳥のさえずりが聞こえる中での作業です。

田植え
田植え
田植え
田植え
田植え
田植え
田植え
田植え

[直播き田植え] 2020.05.03
水田に直接種を播く「直播き田植え」を行いました。
育苗した苗を植える従来の田植えではなく、種籾(たねもみ)を田んぼに直接播きます。
鉄粉コーティングしたコシヒカリの種籾をまくことで浮き苗が生じにくく、鳥による食害も少なくなります。
従来の田植えに比べて労力とコストの削減につながります。

直播き田植え
直播き田植え
直播き田植え
直播き田植え
直播き田植え
直播き田植え
直播き田植え
直播き田植え

[田植え]  2020.04.29
田植えがはじまりました。
ことし最初の田植えは超早場米「ちほみのり」。
今年初めて作るお米です。8月下旬には収穫の予定です。

ちほみのりの田植え
ちほみのりの田植え
ちほみのりの田植え
ちほみのりの田植え
ちほみのりの田植え
ちほみのりの田植え
ちほみのりの田植え
ちほみのりの田植え

[代掻き]  2020.04.26
カエルが鳴く田んぼで代掻き作業を行いました。
田植え前に水を張り土の塊をくだいて、田んぼを平らにします。

代掻き
代掻き
代掻き
代掻き

[肥料まき]  2020.04.11
こしいぶき、酒米などの田んぼに土作りのための肥料をまきました。
トラクターにブロードキャスターを装着して田んぼに撒きます。
このあと行う「田越し」で地中に肥料を鋤き込んで、田植えの準備をします。

肥料まき
肥料まき
肥料まき
肥料まき

[楢山一本桜]  2020.04.08
「楢山一本桜」が満開です。
残雪の粟ケ岳をバックに牧草地の中に、高さ10m程のエドヒガンのしだれ桜が一本だけ咲き誇ります。
今年は菜の花も一面に咲いて、ピンクと黄色のコントラストが鮮やかです。

楢山一本桜
ならやま一本桜
楢山一本桜
ならやま一本桜

[堆肥まき]  2020.04.04
春の作業が始まりました。まずは堆肥まきからです。
「地域内循環型農業」で出来た良質な堆肥を田んぼに撒き「土壌作り」を行います。
作業の傍らでは、草木の芽吹きが見られます。

春の作業開始・堆肥まき
春の作業開始・堆肥まき
春の作業開始・堆肥まき
草木の芽吹き

ならやまの自然

楢山集落に咲くさくら

さくら01

楢山集落に咲く桜

さくら02

楢山集落に咲く桜

さくら03

桜と鯉のぼり

桜と鯉のぼり

楢山集落に咲く椿

椿

楢山集落に咲く花々

花いろいろ01

楢山集落に咲く花々

花いろいろ02

楢山集落に咲く花々

花いろいろ03

楢山集落に咲く水仙

水仙01

楢山集落に咲く花々

花いろいろ04

楢山集落に咲く花々

花いろいろ05

楢山集落に咲く花々

花いろいろ06

とんぼ01

とんぼ01

とんぼ02

とんぼ02

とんぼ03

とんぼ03

おたまじゃくし

おたまじゃくし

楢山集落の重要な水源の一つ「中尾の堤」

中尾の堤

楢山集落を流れる楢山川

楢山川

あぜ道の野草

あぜ道の野草

田植え後の田んぼに夕焼け

田植後の田んぼに夕焼け

子供が手づかみで捕まえた蛍 2015.06.14

子供が手づかみで
捕まえた『ほたる』

子供が手づかみで捕まえたくわがた 2015.06.14

子供が手づかみで
捕まえた『くわがた』

楢山川の紫陽花

楢山川のあじさい

ほたる大乱舞01

ほたるの大乱舞

ほたる大乱舞02

ほたるの大乱舞

ほたる大乱舞03

ほたるの大乱舞

ほたる大乱舞04

ほたるの大乱舞

アマガエルもいっぱいいます。

アマガエルも

アマガエルもいっぱいいます。

いっぱいいます。

蕎麦の花

蕎麦の花

野の花

野の花

柿も熟して実りの秋真っ盛りです。

熟し柿

秋桜の花が空に向かって咲いています。

秋桜

秋桜

秋桜

黄金色の田んぼ

黄金色の田んぼ